ウェブ制作のポイントとは!設計が大事になる

設計思想としてウェブ制作は

ウェブ制作というのは、設計思想として相手のことがあります。つまりは、相手が見てくれることを意識するべきです。意識するべきことは、相手のパソコンと通信回線の太さです。それこそがあれば、よいサイトを作ることに必要になります。設計思想としては、なんといってもメモリの負担を少しでも軽くする、というのが大事になります。今ではかなりメモリもかなり強くなっていますが、それでも負担は軽くするのが制作の基本になります。

負担を軽くすることができる要素

メモリを軽くする方法としては、動画を使わない、というのがあります。最近では動画を埋め込むサイトが増えていますが、基本的にはまったくお勧めできないです。どうしても必要になる、と言うのであれば、選択できるようにしたほうがよいです。つまりは、動画をここを押せば見れる、というのができればそれが最高であるといえます。それが基本的なやり方であり、これが軽くなるようになります。そして、上手くウェブ制作ができるようになります。

どんなサイトにするのか

どんなサイトの方向性にするのか、ということが重要になります。そうすれば、人がきてくれる可能性が高くなります。どうしてか、といいますとわかりやすいからです。また、もう一つ重要な要素があります。それは2クリック以内にすべてを終わらせることができるようになる必要があります。つまりは、あまり階層が深いところにはいかないほうがよい、ということになります。それこそが気軽に入ることができるようになるサイトになるために必要になります。

基本設計書や物理設計書に基づき、プログラマーがそれぞれ使用する言語でソースを組んでいくことをコーディングと呼んでいます