転職サイトにおけるネット誹謗中傷対策

転職サイトと企業の関係

 近年では転職サイトも複数存在します。それを利用して就職や転職を行う人は増加傾向にあり、人気を博しています。 しかし、そこがネット誹謗中傷に晒されたら、受けるダメージは思いの外大きいとされています。 これから就職しようと思っていた会社の悪評があれこれと書き込まれていたら、そこを応募するのをやめるという人が増えてしまうからです。 そのため、会社側が転職サイトに事実無根だと思われる悪評が記載されていたら、削除を申し立てるのが常識的な措置となります。

削除依頼の実際について

 しかし、会社側が削除依頼を出せば、即座に悪評が消えるという訳でもありません。これは何故かと言いますと、多くの転職サイトは削除に際してのルールを明確に定めていないからです。 そのため、削除依頼に応じるかどうかは、その転職サイトの姿勢次第というのが現状となっています。 また、こうした事情は言論の自由がしばしば持ち出される傾向にあり、それが問題を複雑にしています。個人の感想レベルにとどまるものであれば、企業側から削除を依頼されても、そう簡単にいかないのです。

冷静に対処するようにしよう

 インターネットは匿名性の強さが長所であり短所でもあります。そのため、誰が企業側の悪口を言い出したのか特定するのは難しく、また犯人捜しに奔走するのも物理的かつ経済的な理由により好ましくありません。 そのため、ネット誹謗中傷対策をするときは、客観的かつ冷静な対処が必要になります。これは書き込まれた内容が本当にいわれのないことなのか調査することです。 削除依頼をするのは簡単ですが、それが強制を伴うものとなれば、法律に抵触する恐れもあります。そこに気をつけておきましょう。

逆SEOとは特定のウェブページの検索順位を下げることを目的とした対策です。インターネット上での誹謗中傷対策として用いられることも多くあります。