インターネットを介しての中傷対策のポイント

個人データを書き込まないことが大事です

インターネットを通しての中傷対策については、いうまでもなくまず自らのプライベート情報を書き込まないことが重要になります。あきらかに一個人を推定される危険性のある情報そのものを記入するのは状況が許す限り敬遠し、目的地の地名であったりアドレスはぼやかしましょう。細部にわたって地名もしくは住所を記載すると、万一があった際にまず最初に個人特定されそれから、インターネットを通して炎上することが考えられます。

炎上する様な意味の記入をしないようにしましょう

中傷対策につきましては、インターネットに記入や投稿する時は内容にきちんと気に掛けることがあげられます。このところ、軽く話した言葉がインターネット内に広がっていき、バッシングを受けるという事があちこちで起きています。インターネットに記す前に一回中身をチェックし、確かめた上で記すように気を付ける必要があります。礼儀作法やモラルを固守するといった面からも非常に重要な部分です。中傷被害に遭うことがない為にも、文章には配慮して発信するよう意識しましょう。

削除の依頼を示すことが重要です

掲示板、あるいはSNSの運営している人などに削除依頼をすることが大事といえます。中傷が継続していくというようなケースでは、一個人のや大勢の人たちに被害が拡大する懸念している場合、できる限りスピーディーに運営者に抹消してもらうようにするといいでしょう。対応が遅くなるとその分だけ被害についても広げ、後になって調整するのにかなりの時間がかかるかも知れません。中傷被害を受けた際は冷静になって動くよう気を付ける必要があります。

誹謗中傷対策として有効なのは、決して逃げることなく、見えない犯人と毅然と立ち向かう事です。決して泣き寝入りしてはいけません。